Trouble in Mind聞き比べ(第8回)

 今日紹介するのはMemphis Slim版。

Memphis Slim版(BMP= 60 )

iTunes Storeへのリンク


演者のアルファベット順に紹介する予定でしたが、Trouble in Mindが収録されているとは知らずに買ったCDに収録されていたので先に紹介します(CDにて購入したのですが、iTunes Storeでも売っているのでURLは載せておきます)。

 名前だけは知っているものの、伝記的な事柄が分かっていないので、早速wikipedia(en)で検索。

「John "Memphis Slim" Chatman(September 3, 1915, Memphis, Tennessee, United States − February 24, 1988, in Paris, France)。ブルースピアニスト/歌手/作曲家。1940年にOkehレコードに初録音し、1952年、名曲"Every Day I Have the Blues"を作る。」

1960年代からはツアーで訪れたパリに居を構えて亡くなるまで主にヨーロッパ中心に活躍していたそうです。

このTrouble in Mind は、ピアノとギター・ブルースハープという構成で、Memphis Slim自身がボーカルをとってます。この曲が収録されているアルバム「Tribute to Big Bill Broonzy etc.」(1961)が、ブルースの先人を偲んで曲をカバーするというコンセプトなので、特に泥臭いブルースらしいブルースの雰囲気を感じることができますね。ゆったりとリラックスした演奏。

 恒例のランキングですが、4位につけました。弾き過ぎない、音を無闇に詰め込まない演奏に改めて感服です。ここらへんは貫禄とか年季の問題なんでしょうね。


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Amos Milburn (a)
4)Memphis Slim
5)Alice Di Micele
6)Alec Seward
7)Amos Milburn (b)
8)Muddy Waters
9)Richard M Jones
--------------------------

Trouble in Mind聞き比べ(第7回)

 今日紹介するのは前回と同じAmos Milburnによる別バージョンです。



Amos Milburn版(b)(BMP=60)
iTunes Storeへのリンク



 いつ録音されたものかが分からないのですが、楽器の編成は、ドラム・エレキベース・ギター2本・ピアノという編成です。おそらく前回に紹介したものよりも新しい録音でしょう。惜しむらくは録音の状態があまりよくないこと。特にボーカルの音質に問題あり。

 前回のバージョンは、いかにも初期のリズム&ブルースという構成でしたが、今回のはホーンセクションを排した楽器編成で、ベースもウッドベースからエレキベースに変わって、よりモダンなブルースになっています。


 最後にランキング。録音状態が悪いこともあって少し下の6位に入れました。もしかしたら全盛期を過ぎたレコーディングで、声があまり出なくなっているのかもしれません。


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Amos Milburn (a)
4)Alice Di Micele
5)Alec Seward
6)Amos Milburn (b)
7)Muddy Waters
8)Richard M Jones
--------------------------

Trouble in Mind聞き比べ(第6回)

 今日紹介するのはAmos Milburn版。



Amos Milburn版(BMP=63〜66)
iTunes Storeへのリンク



 早速wikipediaで検索すると、「1927年テキサス州ヒューストン生まれのリズム&ブルースの歌手/ピアニスト。1940年代〜50年代に人気があった。1980年ヒューストンにて没。」とのこと。相変わらずの不勉強で、この人については何も知らなかったのですが、ブルース史的に見るとビッグバンドジャズ・スイングジャズの影響が強かった40年代のブルースから、50年代のリズム&ブルースへの橋渡しをした開拓者の一人とのこと。Rock'n Rollの黎明期に活躍したFats Dominoも彼に大きな影響を受けたと述べているそうです。聞いた感じですと、初期レイ・チャールズのR&B曲の雰囲気といえば分かりやすいでしょうか。

 既に紹介したDinah Washington版は、この曲とちょうど同時期の録音なのですが、ビッグバンドのブルースとR&Bのブルースの違いが出ていて面白いです。Amos MilburnのバックバンドもDinah Washingtonのバンクバンドも、ホーンセクションとリズム隊という組み合わせで編成自体は大きくは違わないと思うのですが、アレンジの違いで色が違ってくるものなんですね。Dinah Washington版では、トランペットなど高音の楽器を賑やかに使っているのに対し、Amos Milburn版ではサックス、それもテナーを多用していてより重い感じがします。

 最後にランキング。前回のAlice Di Micele版の一つ上の3位につけました。やはり、コクのある男声ブルースの迫力には魅力を感じますね。


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Amos Milburn
4)Alice Di Micele
5)Alec Seward
6)Muddy Waters
7)Richard M Jones
--------------------------

Trouble in Mind聞き比べ(第5回)

 今日紹介するのはAlice Di Micele版。聞き比べ企画の第一回は、曲を知るきっかけとなった映画を紹介、第二回では手持ちのCDから曲を紹介し、第三回は作曲者のRichard M Jones版を紹介してきました。前回のALEC SEWARD版からは、iTunes Storeでの演奏者のアルファベット順に曲を購入して紹介することとしています。



Alice Di Micele版(BMP=60〜65)
iTunes Storeへのリンク



 1994年リリースの"Naked"というアルバムに収録。比較的新しい録音ですが、Alice Di Miceleというミュージシャンを全く知らなかったので、Wikipediaで検索。日本版のWikipediaでは見つからず、英語版に記載がありました。

http://en.wikipedia.org/wiki/Alice_Di_Micele

で、英語版Wikipediaの一行目の文章が、"Alice Di Micele is a folk music and environmental singer/songwriter from Ashland, Oregon. "

なんだか、『環境運動家の歌手』と聞くと、メッセージ色を押し出して音楽性は二の次みたいな印象を覚えて、ちょっとたじろいでしまったのですが、実際に聞いてみるとこれがなかなかウマい。ギター弾き語りなんですけど、どブルースというよりジャジーなギターで雰囲気がある。なんだかんだ言っても、ミュージシャンの層が厚いアメリカでは"environmental singer"っても腕がないと食っていけないんでしょうね。ちょっと感心。

 私的ランキングですが、『聞いてみると、予想よりもよかった』補正が入ったせいもあり、前回のAlec Sewardを差し置いて三位とかなりの高ランクに入れてみました。改めてランクを見てみると、Muddy Watersがちょっと低すぎですかねー。ただ、Muddy Watersの場合は、今回のAlice Di Miceleとは逆に『もっとカッコ良くできたはず』逆補正が入っているのが大きいと思います。

--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Alice Di Micele
4)Alec Seward
5)Muddy Waters
6)Richard M Jones

Trouble in Mind聞き比べ(第4回)

 今日紹介するのはALEC SEWARD版。



ALEC SEWARD版(BMP=80)
iTunes Storeへのリンク



 1966年録音。不勉強で、ALEC SEWARDがどういうミュージシャンか知らなかったのですが、このページなどをみたところ、1902年バージニア生まれのブルースマン(1972年没)らしいですね。こちらのページにはこのアルバムの解説がありますが、1966年にALEC SEWARDのホームパーティーで録音されたものとか(そういえば、ギターがところどころミスがあるような...。)。曲の前半には女性ボーカルの声がしますが、それが誰なのかは分かりません。でも、非常にイイ声ですね。高音が素直に伸びていく感じが私の好みです。
 収録時間は短いですが、リラックスして肩の力が抜けた演奏で、ブルースらしいブルースになっています。(アルバム名:Late One Saturday Evening)

--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Alec Seward
4)Muddy Waters
5)Richard M Jones

Trouble in Mind聞き比べ(第3回)

 前回は、既に持っている曲の紹介でしたが、今回からはiTunes Storeで見つけた曲を購入して紹介します。まず最初に購入したのは、この曲の作曲者Richard M Jones(1889-1945)のバージョン。ネットで調べたバイオグラフィーによると、ニューオーリンズのピアノ弾きで、バンドマスターだったとのこと。1919年にシカゴに本拠地を移し、主にレコード会社専属のピアニストとして活躍したらしいです。
(参照:http://www.redhotjazz.com/jones.html



Richard M Jones版(BMP=85〜90)
iTunes Storeへのリンク
1936年録音。1927年録音のLouis Armstrong版が残っているので、作曲者のバージョンですが最古の録音という訳ではありません。編曲は、デキシーランドジャズの雰囲気を色濃く残した初期ジャズ、といった感じです。ピアの弾き語りがメインで、ボーカルのオブリガードとソロをペットが担当。その他の管楽器がバックを控えめに固める、という編成。編曲といい、ストレートな歌い方といい、ブルースの匂いはほとんどかんじられません。(アルバム名:Richard M Jones' Trouble in Mind - EP)



古くからあるブルースの名曲は、歌詞といってもいろいろなバージョンがあって、『これが典拠』と言いにくいものですが、Trouble in Mind も同様に、長いものがあったり短いものがあったりとバラバラです。作曲者Richard M. Jonesに敬意を表して、このバージョンの歌詞を記載しておきます。



Trouble in mind
I'm blue
But I won't be blue, always
Oh, but sun's gonna shine
In my backdoor, someday

I'm gonna lay my head
On some lonesome railroad iron
Let that 2:19 train, baby
Satisfy my mind
(trumpet solo)

Trouble in mind
I'm blue
I have almost lost my mind
And when you see me laughing, baby
Having to keep from crying
(sax & piano)

Trouble in mind
I'm blue
But I won't be blue, always
Oh, but sun gonna shine
In my backdoor, someday.


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Muddy Waters
4)Richard M Jones

Trouble in Mind聞き比べ(第2回)

「Trouble in Mind 聞き比べ」コーナーですが、とりあえず既に手持ちの3曲を紹介しておきます。

Muddy Waters版(BMP=72)
ブルースの大御所Muddy Watersの歌。残念ながら、至極あっさりとした歌い方で、あまりMuddy Watersぽくないです。タイトルに(Hornless Remix)とありますが、本来ホーンがはいった大編成楽団でのレコーディングだったためなのでしょうか。(アルバム名:One More Mile)


Dinah Washington(BMP=70)
ビッグバンドを背景に朗々と歌い上げるブルース。40-50年代の雰囲気がとてもよく出てます。ブルーノートを効かしたフェイク入り熱唱もDinah Washingtonの面目躍如。(アルバム名:Greatest Hits 1946-1953)


King Curtis(BMP=60-63)
ソウルミュージックを代表するStaxレーベルの名サックス吹きKing Curtisですが、歌も素晴らしい。ソウル風のシャウト唱法で歌いきってます。ホントにいい声だ。間奏のテナーサックスもシビれます。(アルバム名:Trouble in Mind)


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curis
2)Dinah Washington
3)Muddy Waters

Trouble in Mind(第1回)

 ブルースの名曲に「Touble in Mind」というものがあります。私が現在持っているのは、Mudy Waters版, Dinah Washington版, King Curtis版の3つのバージョン。

 先日、ちょっと思い立ってiTunes Storeで、Touble in Mindで検索してみたところ、100曲を越える数のヒットがありました。試聴したら同名だが違う曲もあるようでしたが、それを除いても100曲近くは存在している模様。いい機会なので、それらの曲を集めつつブログのネタにしてみようと思いたちました。

 今回は初回ということで、この曲を初めて知ったキッカケになった映画について書きます。その映画のタイトルは「Trouble in Mind」。曲名通りの映画で、いささか芸がないのですが、1986年の公開です。アラン・ルドルフ監督の初期作品で、レイモンド・チャンドラーばりのセンチメンタルなハードボイルドもの。公開時、私はまだ大学生でした。確か、渋谷のシネ・セゾンで見たような記憶があります。(もしかしたら、今はもう無くなったシネヴィヴィアン六本木だったかも)。

 とにかく絵がキレイなつくりの作品で、脇役のキースキャラダイン、アラン・ルドルフの映画ではおなじみのジュヌヴィエーヴ・ビヨルドが印象深かったですが、中でも忘れてならないのはディヴァインの存在。「ピンクフラミンゴ」や「ポリエステル」などジョン・ウォーターズの初期作品において女装で主演していた怪優ですが、この映画ではなんとギャングの親玉という至極まっとうな役柄。慇懃無礼な口調ながら冷酷なマフィアのボスを見事に演じてました。主題歌は当然ながら、タイトルにも引用された「Trouble in Mind」です。かなり気に入った映画だったので、主題歌のこの曲もついでにお気に入りになったという次第。

 細かいところなどはほとんど忘れていたので、20年ぶりに見直してみました。DVDを買おうとしたところ、残念ながら発売されていないようで、仕方なく中古ビデオをamazonで購入。改めて見てみたら、物語やセリフはちょっと青臭いですねー。それだけ、見ているこっちがオッサン化しているということなんでしょうが。ただ、やはり記憶通り絵はキレイで、ディヴァインも素晴らしかった。できれば映画館の大きなスクリーンで見たくなりました。

 肝心な主題歌ですが、歌っているのは冒頭ぐらいで、歌い方もあまりブルージーでなく、あっさりした感じ。改めて聞いてみると大したこと無かったなー。映画の出来がよかったので曲も覚えたのだと思いますが、この主題歌を音だけで聴いたとしてら、さして強い印象を覚えなかったんじゃないかな。ちょっと拍子抜け。

 それにしても、アラン・ルドルフの映画はしばらく公開されていないみたいですが、映画撮っているんでしょうかね?

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM