<< 使ったことのない商品を勧めてみるシリーズ(2) | main | 肩書や高収入が目標とか、そんなレース >>

空耳アワードのマーティ・フリードマン

 2月9日のタモリ倶楽部は、毎年恒例の「空耳アワード2007」でした。

今回は、ゲスト陣も豪華(出演:タモリ 安斎肇 マーティ・フリードマン 木村カエラ 近田春夫 クリス・ペプラー)。一年間の投稿の中から厳選したものなので、空耳ネタが面白いのは当然なんですが、元メガデスの超絶ギタリストかつムダに日本語が流暢なマーティのメガデス時代のこぼれ話が秀逸でした。その部分を聞き書きしてみます。

----------------------------------
タモリ「アコースティックのヘビメタとかないのかな」

マーティ「あります。あります。あります。バンドが日和った時に」

近田「日和った時にね」

マーティ「日和った時に、なんか必ずアコースティックなの一曲目ぐらいに出して」

近田「メガデスも日和ったときには?」

マーティ「日和りたかったんですけどね」

近田「日和らなかったんだ」

マーティ「だから脱退しました」

(一同爆笑)

近田「日和って欲しかった?」

マーティ「欲しかったよ」

タモリ「そういう対立があったんだ、メガデスの中で」

マーティ「や、幅広い音楽大好きだから、幅広い音楽がやりたいんですよ」

タモリ「それ他のメンバーに言うと(デスメタル調の声で)"No"」

マーティ「違う!違うよ!みんなこっそりモモスみたいな音楽聞いてるんだよ。」

(一同爆笑)

マーティ「聞いてるよー!」

近田「グスティンとか、そういうの聞いてるの?」

マーティ「聞いてるよー!」

(一同爆笑)

近田「(しんみりと)いろいろ知るとなんか夢がなくなるなー、オレ」

(一同爆笑)
----------------------------------

「モモス」「グスティン」ってのはバンド名なんでしょうが、残念ながらよく分かりません(きっと、ヘビメタ好きが聞きそうにない音楽なんでしょうね)。それにしても、ヘビメタのバンドで活動を続けるのも大変そうですなー。マーティさんの話を聞いているかぎりでは、他のバンドメンバーも、いわゆるヘビメタ調でない曲の演奏に関して特に拒絶感はなさそうだったんで、それを止めているのは、レーベル側/マネジメント側なんでしょうかね。いくら、ヘビメタを本職にしていたとしても、たまには色の変わった曲を演奏してみたいと思うのも人情。それが許されないとは、かなり窮屈でしょう。マーティさんが脱退したのも、無理からぬところかと思いますです。

 しかし、マーティさんの気持ちも分かる一方で、それを止めた側の気持ちも分からなくはありません。近田さんの「いろいろ知るとなんか夢がなくなるなー、オレ」という、味わい深いシメの言葉で終わった一連の会話ですが、ふと思い出したのが最近読んでいた本の一節です。

-----------------------------------
孝行が仇

幕末の盛り場に、栄孝と言う太鼓持がいた。年は若いけれど気が利いて、座敷へ出ると面白く遊客の機嫌をとるので「栄孝々々」と可愛がられた。
 或夜、日本橋の茶屋に集まった道楽連中、栄孝を呼びにやると、今日は折悪しく何処へか行っておりませんと言うに、客は失望して芸者を相手に栄孝の噂。
 「どうも彼奴が来ないと座敷が陽気にならないよ。不思議に可笑しいネ。芸はないけれど口が旨い、万事調子がいいからネ」
と栄孝を誉める尾に附いて、女中が口を出した。
 「ほんとに感心な人ですよ。旦那、あれで親孝行で評判の人ですからネ」
 「エ、ナニ、親孝行だ?それは真(ほんと)かい」
 「ハイ、ほんとに親孝行の人で御座います。お座敷から帰りまると阿母(おっか)さんに何か買って行ってやります。外へは廻らず、家にいる時は、阿母さんの肩を叩いたりして好く世話を致します。家では真面目な孝行息子で御座います」
と誉め立てたので一同シーンと考え込んでしまった。親孝行と聞くと自分たちの不孝が恥しくなり、飲む酒が美味くない気持ちになって、早々飯にした。
 それからそれへと、幇間(たいこもち)の親孝行が伝わって来ると、栄孝を呼ぶ気にならなくなり、栄孝は不景気になって、折角の孝行が出来なくなったのは大笑いだと或る幇間が話してくれた。

(鶯亭金升 『明治のおもかげ』 東京, 岩波書店, 2000.6, (岩波文庫 ; 緑(31)-162-1) p. 206 - 208)
-----------------------------------

なんとなく、この話の栄孝という幇間とマーティさんの姿がオーバーラップしてしまうのです。「親孝行な幇間」は客を失ってしまいましたが、「幅広い音楽をジャンルにこだわりなく吸収し成長していくヘビメタギタリスト」も客を失ってしまうのではないかと。ヘビメタファンにせよ、そうじゃない人にせよ、ヘビメタギタリストと聞いてイメージするのは、「幅広い音楽性」なんて屁とも思わない、ともかく早引き命の頑固一徹ディストーションギター野郎なんじゃないでしょうか。

最近では『ハイブリッド』がもてはやされて、音楽の世界でも「ジャンルに関係なく、イイものはイイ」というスタンスのほうがカッコイイという風潮になってます。そんな中でヘビメタさんは、音楽のジャンルとしてはちょっと古めかしい感じがしてしまい、なにかと揶揄の対象にもなりがち。でも、個人的にはヘビメタさんぐらいは『ハイブリッド』な世の流れに抗して超然とヘビメタ道を貫いて貰いたいです。

(おそらくはヘビメタ系統の音楽はさほど聞かないと思われる)近田さんの抱く『夢』もその辺りにあるんじゃないでしょうか。

(ギター弾きじゃないけど、オジー・オズボーンさんなんかは、その『夢』を分かってるような感じがしますね)

コメント
「モモス」→「モー娘。」
「グスティン」→「ムスティン」
ムスティンというのはマーティーが以前在籍していたバンド「メガデス」のヴォーカル兼リズムギターのデイヴ・ムスティンの事です。
  • メタラー
  • 2007/03/03 1:24 AM
メタラー様

投稿ありがとうございます。
1カ月以上もたってのご挨拶で大変失礼いたしました。

「モー娘。」に「メガデス」のメンバーのお名前でしたか。なるほど、それで文意が分かりました。ありがとうございます。

言葉が分かると、あの会話はさらに可笑しさが増しますね。
  • 産業ロック製作所長
  • 2007/04/15 10:33 PM
http://freewebs.com/kotik3/creditcarddebt.html
  • creditcarddebt
  • 2007/07/03 5:51 PM
http://popkin8.blogspot.com非常によい場所
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
高三で友達100人
友達と恋人の違い(ヤルかどうか)について最近悩んでいます。もしよければ私のブログも見て頂けると嬉しいです。
  • 乳首の取れた14歳-------s;0o
  • 2007/02/22 1:46 AM
リアップ
リアップ
  • リアップ
  • 2007/02/22 9:13 AM
タモリ倶楽部 さかな対抗 旨い皮No.1決定戦(1/3)
さかなっておいしいです。 刺身もいいですが 焼き魚もいいですね。 個人的にはサバが一番好きです。 次はサンマかな。 基本的に貧乏性なんで(笑)...
  • 連夜の「おもしろBASS&釣り動画」
  • 2007/03/21 5:18 PM
LOUDSPEAKER
今日のBGMは MARTY FRIEDMAN 「LOUDSPEAKER」 去年リ
  • musicfile
  • 2007/04/11 4:29 AM
エクシブ利用の効果とメリット
エクシブ利用の効果とメリット 会員制ホテルは、限られた人しか入ることしかできないホテルの事を指します。では、エクシブに入るメリットは何でしょうか?エクシブに入ると下記の特典が受けられます。 1.福利厚生の施設として使える。(従業...
  • エクシブホテル.com
  • 2007/04/17 10:06 AM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM