<< 弁証法的 | main | 谷崎の阪神見聞録が21世紀の今日においても妥当している件について >>

熱を音に変える→音を電気に変える

IT media Newsにこんな新発明が掲載されていました。

「音」で熱を電気に変える装置、米研究者が発明

----------------------------------
(上記ページから引用)
「熱を電気に変えるには、「熱を音に変える」「音を電気に変える」という2つの段階を経る。最初の段階は、シムコ氏とその同僚が開発した新しいヒートエンジン(熱音響原動機)を使う。音を電気に変えるには、音波などの圧力を電流に変える既存の「圧電」器を使う。」
----------------------------------

記事では、「熱を電気に変える」点が強調されていますが、発明者の将来の応用についてのコメントによると、「ノートPCなどのコンピュータの冷却にも活用される可能性」も視野に入れているとのこと。

てことは、夢の冷房装置の発明か?

「ニセ首相ページ」でも、2度ほど温暖化対策・ヒートアイランド対策で新しい冷房方式を夢想したことがありました。基本的に今の電気を使ったヒートポンプ式冷房装置の問題は、トータルでみると冷却した以上に熱を発生してしまう点です。室内の温度を下げると、室外はそれ以上に暖まってしまいます。

ところがこの装置は、装置自体では熱は発生しないわけです。

『電気で冷やすと熱が発生するなら、熱で電気を作ればいいじゃない』とは、なんと素晴らしいマリー・アントワネット的発明でしょう! しかも、「この装置には可動部がないため、メンテナンスはほとんど必要なく、長期間もつという。」とのこと。

ただ疑問なのは、装置の周辺はうるさくないのか、という点。音が完全に電気に変換できれば無音になるのでしょうが、そうはいかないでしょうからねぇ。「涼しいけどやかましい」では、普及は難しいでしょうし。

でも、人里離れた砂漠に、巨大な「音発電所」を建設する、なんてのも夢がありますね。近づくとモノスゴイ低音が響いてくるとか。あるいは、音発電装置の出す一定の周波数の音を装置によってドミソの3音に振り分けて、常にCメジャーが鳴り続けるようにするとか。で、発電所名を「ハ長調発電所」と調で命名。「変ホ短調発電所」なんかも、もの哀しくてオツ。

コメント
http://www.geocities.com/niiped/52353.html
  • 932405
  • 2007/09/18 7:26 AM
http://www.freewebtown.com/zubkov/82253.html 非常によい場所
  • 561238
  • 2007/09/19 7:29 AM
非常によい場所
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM