<< 明治商売往来 | main | Trouble in Mind聞き比べ(第4回) >>

Trouble in Mind聞き比べ(第3回)

 前回は、既に持っている曲の紹介でしたが、今回からはiTunes Storeで見つけた曲を購入して紹介します。まず最初に購入したのは、この曲の作曲者Richard M Jones(1889-1945)のバージョン。ネットで調べたバイオグラフィーによると、ニューオーリンズのピアノ弾きで、バンドマスターだったとのこと。1919年にシカゴに本拠地を移し、主にレコード会社専属のピアニストとして活躍したらしいです。
(参照:http://www.redhotjazz.com/jones.html



Richard M Jones版(BMP=85〜90)
iTunes Storeへのリンク
1936年録音。1927年録音のLouis Armstrong版が残っているので、作曲者のバージョンですが最古の録音という訳ではありません。編曲は、デキシーランドジャズの雰囲気を色濃く残した初期ジャズ、といった感じです。ピアの弾き語りがメインで、ボーカルのオブリガードとソロをペットが担当。その他の管楽器がバックを控えめに固める、という編成。編曲といい、ストレートな歌い方といい、ブルースの匂いはほとんどかんじられません。(アルバム名:Richard M Jones' Trouble in Mind - EP)



古くからあるブルースの名曲は、歌詞といってもいろいろなバージョンがあって、『これが典拠』と言いにくいものですが、Trouble in Mind も同様に、長いものがあったり短いものがあったりとバラバラです。作曲者Richard M. Jonesに敬意を表して、このバージョンの歌詞を記載しておきます。



Trouble in mind
I'm blue
But I won't be blue, always
Oh, but sun's gonna shine
In my backdoor, someday

I'm gonna lay my head
On some lonesome railroad iron
Let that 2:19 train, baby
Satisfy my mind
(trumpet solo)

Trouble in mind
I'm blue
I have almost lost my mind
And when you see me laughing, baby
Having to keep from crying
(sax & piano)

Trouble in mind
I'm blue
But I won't be blue, always
Oh, but sun gonna shine
In my backdoor, someday.


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Muddy Waters
4)Richard M Jones

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM