粘着物にご注意

昨年、ホームドアが動き始めた丸ノ内線の本郷三丁目駅。ホームドア設置の少し前に構内の改装も終わっていて、かつての昭和の雰囲気はどこへやら、見違えるようになりましたが、最近こんな貼り紙が至る所に貼られています。




塗料、もしくは接着剤に問題があったんでしょうか?

あるいは、『せっかく改装してキレイになったのに、お前等の体からにじみ出る分泌物が壁や柱に粘着すると困るから寄りかかるな!』とご立腹なんでしょうか?

かはたれ時

 ちくま文庫の怪談シリーズを読んでいて、柳田国男の文章で目を惹いたところがあったのでメモがわりに抜き書き。日本語における「日暮れ」の語彙を調べようとしていた頃に書いた「かはたれ時」というものです。




柳田國男集 : 幽冥談 / 柳田國男著
東京 : 筑摩書房, 2007.8
393p ; 15cm. -- (ちくま文庫 ; [ふ-36-6] . 文豪怪談傑作選 / 東雅夫編)
-----------------------------

 黄昏を雀色時(すずめいろどき)ということは、誰が言い始めたか知らぬが、日本人でなければこしらえられぬ新語であった。雀の羽がどんな色をしているかなどは、知らぬ者もないようなものの、さてそれを言葉に表わそうとすると、だんだんにぼんやりして来る。これがちょうどまた夕方の心持でもあった。すなわち夕方が雀の色をしているゆえに、そう言ったのでないと思われる。古くからの日本語の中にも、この心持は相応によく表れている。たとえばタソガレは「誰そ彼は」であり、カハタレは「彼は誰」であった。(p.307)

皆さんがあるいは心づかれないかと思うことは、人の物ごし背恰好というものが、麻の衣の時代には今よりも見定めにくかったということである。木綿の糸が細く糊が弱くなって、ぴったりと身につくような近頃の世になると、人の姿の美しさ見にくさはすぐ現れて、遠目にも誰ということを知るのであるが、夕を心細がるような村の人たちは、以前は今少しく一様に着ふくれていたのである。見ようによってはどの人も知った人のごとく、もしくはそれと反対に、足音の近よるを聴きながら、声を掛け合うまでは皆他処の人のように、考えられるのがケソメキの常であった。そうして実際またこの時刻には、まだ多くの見馴れない者が、急いで村々を過ぎて行こうとしていたのである。
 鬼と旅人とをほぼ同じほどの不安をもって、迎え見送っていたのも久しいことであった。ところがその不安も少しずつ単調になって、次第に日の暮は門の口に立って、人を見ていたいような時刻になって来た。子供がはしゃいで還りたがらぬのもこの時刻、あてもなしに多くの若い人々が、空を眺めるのもこの時刻であった。そうして我々がこわいという感じを忘れたがために、かえって黄昏の危険は数しげくなっているのである。(p.309-310)




柳田国男らしい詩的な文章が印象深いのですが、麻の衣の時代は体型が現れにくくて黄昏時には誰もが同じに見えるという指摘が面白い。こういう生活の細部の描写にふれると、はるか昔の暮らしが急に肌身に感じられるようになりますね。

Trouble in Mind聞き比べ(第6回)

 今日紹介するのはAmos Milburn版。



Amos Milburn版(BMP=63〜66)
iTunes Storeへのリンク



 早速wikipediaで検索すると、「1927年テキサス州ヒューストン生まれのリズム&ブルースの歌手/ピアニスト。1940年代〜50年代に人気があった。1980年ヒューストンにて没。」とのこと。相変わらずの不勉強で、この人については何も知らなかったのですが、ブルース史的に見るとビッグバンドジャズ・スイングジャズの影響が強かった40年代のブルースから、50年代のリズム&ブルースへの橋渡しをした開拓者の一人とのこと。Rock'n Rollの黎明期に活躍したFats Dominoも彼に大きな影響を受けたと述べているそうです。聞いた感じですと、初期レイ・チャールズのR&B曲の雰囲気といえば分かりやすいでしょうか。

 既に紹介したDinah Washington版は、この曲とちょうど同時期の録音なのですが、ビッグバンドのブルースとR&Bのブルースの違いが出ていて面白いです。Amos MilburnのバックバンドもDinah Washingtonのバンクバンドも、ホーンセクションとリズム隊という組み合わせで編成自体は大きくは違わないと思うのですが、アレンジの違いで色が違ってくるものなんですね。Dinah Washington版では、トランペットなど高音の楽器を賑やかに使っているのに対し、Amos Milburn版ではサックス、それもテナーを多用していてより重い感じがします。

 最後にランキング。前回のAlice Di Micele版の一つ上の3位につけました。やはり、コクのある男声ブルースの迫力には魅力を感じますね。


--------------------------
これまでの私的Trouble in Mind ランキング
1)King Curtis
2)Dinah Washington
3)Amos Milburn
4)Alice Di Micele
5)Alec Seward
6)Muddy Waters
7)Richard M Jones
--------------------------

大根役者初代文句いうの助 / 伊藤雄之助著

 伊藤雄之助という俳優をご存じでしょうか。戦後の日本映画黄金期を支えた名脇役の一人でした。一般的には黒沢明の『椿三十郎』の家老役といえば通りがよいでしょうか。私の記憶に残っているのは、中村登監督の『集金旅行』での地方の名士役(過去に2号にしていた岡田茉莉子に金をユスられる。「人格者が人格者でなくなったら、オマンマの食い上げだ」という名台詞がありました)。

 この伊藤雄之助さんががかつて「大根役者初代文句いうの助」という本を出版されていたのですが、この本を読む機会がありましたのでちょっと紹介。


大根役者初代文句いうの助 / 伊藤 雄之助
東京 : わせだ書房新社, 1969

(目次)
第一章 朴念仁の譜
第二章 隔離病棟の住民たち
第三章 ながいものには巻かれろ
第四章 俳優の幸福、俳優の不幸
第五章 自由と掟と刑罰と
第六章 朴念仁の直言


上記のうち、第一章は自伝的な内容で、歌舞伎界の傍系の家系の中で生まれ育ち、父親を早くに亡くしたことで芸界での後ろ盾をなくし、大変に苦労したことが書かれていて、興味深いものでした。第二章から後ろは、タイトルの「文句いうの助」通り、伊藤さんが現在の芸能界に異議を唱えるというもの。大まかにいって、その文句の主なものは


・芸能界が浮世離れしていて常識が通じないこと
・映画界の理不尽なスターシステム
・プロ意識のないタレント芸能人
・ミーハーな芸能ファン


という感じ。ただし、いかにも年寄りが現在を嘆くというステレオタイプな批判で、正直読んでいて少々鼻白む思いがしました。第一章の自伝の内容をもっと多く書いて欲しかったなぁ。

 「映画界のスターシステム」に関していうと、伊藤さんが実際に仕事をされていた際には、いろいろと制約になって不自由な思いをされたのは確かだとは思うのですが、1970年代にあっさりと邦画界が崩壊してしまい、その後の苦しい映画製作の業界を映画ファンとしてみていると、1950年代から60年代の邦画の黄金期は、「スターシステム」のような矛盾点があったとしても、憧れの時代であることは揺るぎません。だもので、伊藤さんの"文句"は無いものねだりの贅沢にも感じられてしまうのです。

 「ミーハーな芸能ファン」に対する文句の中で、当時の世相がよくわかる部分がありましたので、引用してみます。


日活の正月作品で、石原裕次郎くんといっしょに仕事をしたことがありました。石原くんの仕事ですから、いわゆる「青春もの」。日活の撮影所にはエキストラの女子高校生が大勢集まっていました。

(中略)

ちょうど、中国の紅衛兵問題がさかんに論議されているころなので、わたしもこりずに、それについて聞いてみました。
「きみたち、ここへきて、まあ遊んでいるようなものだ。そうやっていてだよ、いま紅衛兵がやっていることをどう思う……?」
「紅衛兵って?」
「え?家でも学校でも話題になっているだろう……」
「ぜんぜん」
「中国のね、きみたちと同じくらいの年ごろのひとたちだよ。文化大革命の尖兵っていわれている青少年……」
「へえ、ちょっとカッコイイことやっているのね」
「カッコイイかどうかしらないけど、考えたことないのかい」
「だってさ、カンケイないもん」
 直接関係ないことは確かです。わたしにしたって、紅衛兵のあり方を必ずしも肯定しているわけではありません。しかし、お隣りの中国の青少年は、国家の機構に、民族の将来に重要な関心を寄せ、青春の熱情を盛りこんで行動しています。ところが、日本の次代を担うべきかの女たちはなにを考えているのか。かの女たちは、はっきり、言明するのです。
「考えるなんて、メンドウくさいわ」
 わたしは汗がでてきました。ポケットからハンカチをだして顔を拭いていると、いうことがふるっています。
「あら、おじさん、泣いてんのね」
泣きたくもなるではありませんか。
(p.287-289)

-------------------------

(引用者注…伊藤さんが中共を訪問し、中共の映画スターの女優とともに上海の街を歩いた時のお話)
「スターのなになにさんよ」
と、ささやきあう声が聞えてきます。そして、ちかくにいけば、静かに目礼して道をあけてくれるのです。
「サインしてェ」
とか、
「触らしてェ」
とか、
「キャー、ピー」
とかいう声はついぞ聞かれませんでした。
---あーあ、ミーちゃんハーちゃんの線で、水をあけられたな。
 わたしは、そう思いました。文化人や高位高官が立派なことをいうのは、どこでも、同じことでしょう。また、あたりまえです。しかし、ピラミッドの底にいるミーハー族の線で、これほど差をつけられてしまったのです。
「おじさん、泣いてんのね」
で、すむことではありません。
(p.290)


中共の文化大革命が話題になっていた頃の日本の世相については、当時の新聞を見たりしてちょっと調べたことがあるのですが、紅衛兵に対する見方は、左翼陣営右翼陣営で肯定否定きっぱり分かれていて、「活動の全てを肯定するわけではないが、革命の行方について真剣に憂慮し主体的に行動している点は理解できる」というのは左翼陣営の中の視点の一つの典型でした。伊藤さんの「文句」もこの典型の一例。

 現在では、紅衛兵を「主体的に行動した」とうことで支持する意見は皆無といっていい状態です。「政権の中で力を失いつつあった毛沢東一派が、若者を扇動して動かし、巧く利用した」という見方のほうが支配的で、紅衛兵たちは「主体的」どころか「革命のカリスマである毛沢東に盲目的に従った」ように見えます。ある意味で究極のミーハー主義ですね。

 これは自戒も込めてなのですが、「批判」や「文句」、「グチ」等々は、安易に書き残すものではないと改めて考えさせられました。伊藤さんの若いミーハーに対する「文句」は、当時の日本における「世相にもの申す反骨的な意見」の一つの典型だったワケですが、こういった「レディメイドな反骨的な意見」って、古くなる時は、あっという間に古くなってしまいます。日記なんかに『日本社会の矛盾点』などと鼻息荒く書き立てて、書いた本人が後から読んで、自ら赤面する、なんてことも、ままありますよね。まだ、日記だったらこっそり赤面しつつ『昔は青かったなぁ』で済むからいいようなものの、言ったり書いたりしたことが、後々まで残って人目にさらされたりしたら、目もあてられません。

google翻訳の「戦争の犬」

 8月24日のエントリーでgoogle翻訳について書きました。翻訳原文として日本国憲法の前文を使いましたが、そこで不思議だったのは「戦争の犬たち」という原文にない言葉が必ず現れることでした。

 『日本ではあまり馴染みがない言語であるヒンディー語と日本語間では、変換辞書の持つ語彙の数があまり多くなくて、そのために誤訳しているのかも』と考えていたのですが、どうもそうではないようです。他の言語で同様の翻訳(日本語→他言語→日本語)を行っても「戦争の犬たち」という言葉が出てきます。最も利用頻度の高いと思われる英語でも同様です。


(日本国憲法前文を「日本語→英語→日本語」に翻訳したもの 2008年8月31日)
は日本の国民が、国会で正式に選出された代表者を通じて行動は、私たちと私たちの子孫は、様々な果実、公共の協和、それをもたらす、全国のパスの自由を確保する澤圭、政府の行動を再度niyotsu游決して戦争の犬たちが発生するの決意を、ここに存する主権在民を宣言し、この憲法を確認する。政府は、最初の開催地は、神聖な人々の信頼をteatsuされた公共機関の代表者に由来し、人々の権力を行使すること、および、人々の福祉を楽しむようにします。これは、人類普遍の原理、および、この憲法は、ベースの原則にします。我々は憲法に違反する、法令及び詔勅を排除する。


どうも憲法前文にある「戦争の惨禍」という言葉を英語で「dogs of war」と訳しているようなのです。


(「戦争の惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
Dogs of war


一方、「惨禍」という言葉を単独で訳すと

(「惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
Terrible devastation


と、普通の訳語になっています。また、「戦争の惨禍」でなく、「戦闘の惨禍」と翻訳してみると、


(「戦闘の惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
The terrible devastation of battle


これも意味の通る訳文。何故「戦争の惨禍」だけが、「Dogs of war」になるのかが不思議です。

「戦争による惨禍」「戦争と惨禍」「戦争は惨禍」「戦争が惨禍」「戦争も惨禍」といった言葉もテストしてみましたが、結果は書きの通り。


(「戦争による惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
Terrible devastation of war

(「戦争と惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
And the terrible devastation of war

(「戦争は惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
War is terrible devastation

(「戦争が惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
War is terrible devastation

(「戦争も惨禍」を「日本語→英語」に翻訳 2008年8月31日)
Terrible devastation of war


「戦争の惨禍」というフレーズ以外では、「惨禍」という言葉は「terrible devastation」という言葉に置き換わっています。想像するに、google翻訳の「翻訳を改善する」機能で、誰かが「戦争の惨禍」というフレーズを「Dogs of war」という英語のフレーズで登録してしまったのではないでしょうか。これも推測ですが、google翻訳では全ての言語を一旦英語に訳してから他言語に置きかえているのでしょう。なので、日本語から英語に翻訳する辞書で、「戦争の惨禍」が「Dogs of war」と登録されていれば、他の言語への翻訳の際も英語経由で「Dogs of war」になってしまうのだと考えられます。

 「戦争の惨禍」というフレーズをわざわざ選んだということは、憲法前文の翻訳で遊んでいたんでしょうか。きっと「戦争の惨禍」の他にも、いろんな変なフレーズが登録されているんでしょうねぇ。インターネット初期の、ネットユーザー全員が知恵を出し合って情報を生み出していこうという性善説が信じられていた時代ならともかく、百鬼夜行の現在のネット世界ではgoogle翻訳の「翻訳を改善する」機能は、いいようにオモチャにされていることでしょう。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM